精神性多汗症

精神性多汗症、という言葉があります。
この症状の特徴として、局所性多汗症と同じように、局所から発汗する症状で、
病院によっては、局所性多汗症とひとまとめにされて呼ばれます。
精神的な刺激を受けると人間は汗を出す性質があります。
また、一説によると運動不足などであまり汗をかいていない人は、
手のひらなどの局所的な部分で汗が増量する、とも言われています。
不安や緊張を感じたときに気持ちまで落ち込んでいると、多汗症の症状はますますひどくなっていきます。
汗のことはなるべく気持ちから外し、前向きに考えてて行くことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク