足蹠多汗症

多汗症の種類の中で足の裏に汗をかくことを足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)と呼びます。
原因としては、はっきりと分かってはいないようで、
ストレスや、神経的なことが原因で、起こるのではと考えられており、
緊張や興奮状態にあるときは止まらないほどの汗が多く出てしまいます。
また体の中の足の裏という部分は体の中でも、手のひらと同様、
多くの汗腺が密集した場所であることが原因にあるようです。
さらに、ストッキング、ブーツ、革靴などで密封されるため、
足の温度が上がり、汗も蒸発しにくくなり常に湿気を保ってしまうことが原因となり、
足の裏も多汗症になるようです。
足蹠多汗症の症状の人は、靴下がぬれるだけでなく、女性ではサンダルを履けなかったり、
靴を脱いで家に上がると足の跡(汗)がくっきりついたりするくらいに、多量の汗が出てしまいます。
この場合も、汗が出ることを気にすることによって、それがストレスになり、さらに汗が出るという
悪循環になります。気になる場合は早めに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク