顔の多汗症

局所的多汗症の中に顔の多汗症というものもあります。
多汗症の中でも、顔の汗は、手のひらや、わきと違い、常に人にさらされており、隠しようがありません。
緊張しているときや、人前で話す場合に、顔に大量の汗をかくと、周りの視線を感じてしまい
精神的にも辛くなって、余計に汗をかいてしまうことになります。
体には、多汗症の汗のでるエクリン腺という汗腺が全身にありますが、エクリン腺の密度が濃いところと、薄いところがあります。
その中でも、顔、特に額の部分は、最もエクリン腺の密度が高いところです。
そのために顔や額には多量の汗をかきやすく、多汗症の症状が発生しやすい部分なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク