副乳多汗症

多汗症の症状の1つに、副乳多汗症というものがあります。
女性に見られる症状で、生理前などに、わきが腫れたような感じがするとき疑われるのが
副乳多汗症の症状です。
普通女性の乳房は、通常は左右の胸に一対ありますが、
まれに犬の乳房のように複数の乳腺組織が胸の側面部分にある人
もいるようでこれを副乳と呼ぶのだそうです。
わきの下には、この副乳の乳腺組織が存在します。
汗腺組織は、元は乳腺から進化したものなのでわきの下の副乳は
発汗作用が強く、副乳多汗症となるようです。
副乳多汗症の症状を治療するには、手術で副乳を摘出すれば汗が減り、
多汗症の症状があさまるようです。
この症状が現われる人は、ワキガの可能性も高いようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク