味覚性多汗症

多汗症の中には、味覚性多汗症という症状があります。
味覚性多汗症の人は、食事のときに大量の汗をかくという症状を起こします。
誰でも、辛いものや、熱いものを食べれば汗が出てきます。
味覚性多汗症は、辛いものや、熱いものを食べると汗が出るというような生理的なものですから、
治療の対象にあまりなりません。
しかし、症状の重い人では、辛いものを食べていないときでも、食事をすると発汗する場合もあります。
その場合は、医師に見てもらうのがいいでしょう。
また、辛いもの食べる前から、食べると汗が出るのではと不安になり、精神的な緊張となり、精神性発汗が加わることもあります。
大切なのは、味覚性多汗症は、生理的なもので、汗は出て当たり前という気持ちです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク