ポルトガル語通訳

 ポルトガルは人口1000万人ほどの国ですが、ポルトガル語を話す人は世界に2億人以上いると
言われています。


かつてヨーロッパの国々はこぞって植民地政策を実施し、世界中に領土を広げて
いきました。ポルトガルも例外ではなく、南米をはじめとして世界各地に植民地をもっていました。
このような影響があり、人口はそれほど多くないのにポルトガルを話す人は多いのです。
 特に人口の多いブラジルで、公用語になっているという点が大きいようです。また、歴史的にみても、
ポルトガルは日本と深いつながりがあります。
 まず第一に、1543年の鉄砲伝来です。習ったことありますよね。このとき鉄砲をもって種子島に
漂着したのが、そうポルトガル人だったのです。つまり、日本人がはじめて接したヨーロッパ人なの
です。
 日本人はこの見慣れない人たちを南蛮人(南の野蛮な人という意味)というなんとも失礼な呼び方で
呼び、貿易を通して、様々な文化や技術を知り、またキリスト教が伝来したのです。
 その後、江戸時代の鎖国政策により、日本はオランダと親交を深めるようになってポルトガルとは
かかわりをあまりもたなくなってしまいました。
 
 しかし、ここ数年日系ブラジル人の日本への流入が相次ぎ、日本でポルトガル語を話す人は30万人
いると言われています。このことから、ポルトガル語通訳の活躍の場もそれなりに用意されていると
言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク