中国語通訳

 近年、中国の経済成長は目を見張るものがあります。経済的に豊かになり、中国人の日本への観光
客も増えてきました。さらに、日本の技術を持ち帰るために研修に来たり、留学、また出稼ぎに来る
人なども少なくはありません。
 同じアジアで近いことはもとより、世界一の人口を誇る中国ですから、中国と日本を結ぶ架け橋的
存在がたくさん必要なことは言うまでもありません。
 最近では大学で学ぶ第三言語としても中国語が多く選ばれ、中国文学や歴史を専攻するような学科
も比較的多くあります。このようなことから、中国語は予想以上に身近な言語と言えるのです。
 通訳が必要なことは述べましたが、ここで問題点があります。それは中国のその国土の広さゆえに、
一言に中国語といってもたくさんの種類があるということです。
 それは日本で言う標準語や関西語の違いを超え、ほとんど通じない言葉通同士もあります。筆記
ならば漢字である程度は通じるらしいのですが、会話となるとさっぱりです。
 よって中国語通訳の場合、普通話(プートンフワ)と言われる標準語的な言葉とさらに上海、台湾、
杭州の言語も知るとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク