通訳者はマナーのある行動を

 通訳者は多くの文化や人種や職種の異なる人々と接します。たとえ、それらが同じ人と接するとき
でもそうですが、信頼第一の職業ですから、マナーがなっていないといけません。
 あいさつや時間厳守、きちんとした身なりはもちろんのこと、その場その場に応じた行動や対応が
できなければなりません。また、一般常識もわきまえている必要があります。
 さらに通訳者は各界の要人の通訳を担当したり、個人情報を知ることになったりもします。その
ような時、秘密を厳守することや通訳している両者のあいだで公平であることが求められます。
 また、通訳の仕事の合間に雑談などを通してかかわりをもったりすることにより、信頼感を深めて
いったりすることも大切です。よって、様々な話題についていけるような、幅広い知識と、積極性、
社交性も大切であるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク