警察通訳

外国人の犯罪などでは、警察通訳が活躍します。警察通訳は、警察官や裁判官、被疑者とのあいだでの
通訳を担います。


裁判官などもかかわってくることから、法廷通訳と重なる部分もあります。
警察通訳は通訳として警察官に採用された部内通訳と、民間の通訳者が依頼により行う部外通訳とが
あります。
仕事の内容としては、事情聴取、調書の確認、検察官による取り調べの通訳など、おもに警察署関係
での通訳が仕事となるようです。
法廷通訳と同じように、犯罪にかかわる専門的な用語や知識を身に付けることをはじめ、公平さ、
プライバシーを守ることができるような信頼の厚い人でなければなりません。
また、ほとんどの通訳では英語が圧倒的に使われますが、この分野に関しては、中国語とペルシャ語の
通訳の割合が高くなっているようです。日本での滞在者数の多さや犯罪の多さに比例してると言えます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク