コミュニティー通訳

 国際交流が深まり、私たちの身近にも外国人が住むようになってきました。それゆえ、地域での交わり
の場はもちろんのこと、教育現場や医療、福祉など様々な場面での通訳者が必要になってきました。


公共
サービスでつまり、地域での通訳ということから、「コミュニティー通訳」と呼ばれています。
 
 報酬が低く、職業としてあまり重要視されていませんでしたが、特に医療などにかかわる面では
かなり重要なことにもなりかねないため、近年制度化の必要性が訴えられています。
 法廷通訳、医療通訳の一部にもなりますが、公共サービス全般にかかわるという点から、アメリカや
オーストラリアなどすでに、制度化されている国では、「公共サービス通訳者」とも呼ばれているようです。
 これからさらに地域に住む外国人がふえるであろうこと、医療通訳や法廷通訳は重要で、プライバシー
意識もさらに高まっていくだろうことを考えると、コミュニティー通訳の存在は大切なものとなって
いきそうです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク