通訳案内士概要

 報酬を得て外国人の観光案内をすることについては、通訳案内士法によって定められています。
同法によると、資格を得た上で都道府県に登録しなければなりません。
 従来は、通訳案内業法により、免許を申請して取得する制度でしたが、2006年4月より
通訳案内士と名前が変わり、今の登録制度に変わりました。また、この登録制度では、都道府県
単位で地域限定の登録が行えるようになりました。
 通訳する外国語としては、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、
ポルトガル語、ロシア語、朝鮮語、タイ語があります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク