通訳案内士法

 通訳案内士法
 法律番号 昭和24年法律第210号(1949年6月15日)
 効力   現行法
 種類   観光
 主な内容 通訳案内士の業務など
 関連法令 なし
 
 通訳案内士全般の職務や資格などについて規定した法律のことです。
 2006年6月に改正され、今の都道府県登録ができる制度となりました。
 
 また、改正にあたり、目的について「事業としての通訳案内業の健全な発達を図る」という部分が
「資格として通訳案内士の業務の適正を図る」に改められました。
 
 改正により、参入規制の緩和も行われ、先に述べたように、登録制度になりました。
 さらに、国家試験の合格者の増加を目指し、試験の実施方法や基準、一部免除、特例措置などの
改正が行われました。
 全体を通して、通訳案内士を目指す方々にとってはプラスの法改正になった言えるのではないでしょうか??
 以下は総務省の「通訳案内士法」に関するページです。
 本当の条文で少し言葉が難しいかもしれませんが、通訳案内士を目指す方ならぜひご覧になって
 色々と参考にしてください。
  総務省法令データ提供システム http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO210.html
 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク