ボランティア通訳検定の受験方法

 ボランティア通訳検定は春期(6月上旬)と秋期(12月上旬)の年2回実施されています。
 春期:願書受付期間4月1日~5月初旬
 秋期:願書受付期間10月1日~11月初旬
 受験地:札幌市、仙台市、つくば市、東京都、横浜市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市
     (広島市は春期のみ、横浜市・那覇市は秋期のみの実施です)
 時間:A級 午後2時~4時半頃
    B級 午前10時~12時頃
 受験料:A級5500円
     B級3500円
 併願:通検2級とV通検A級、V通検A級とB級の併願ができます。
 出願:願書に必要事項を記入の上、写真と50円切手を貼り付けて、日本通訳協会へ持参するか
    郵送します。
 合否は郵送で通知されます。
 また最終合格者全員に、合格証書が発行されます。
 そしてA級合格者は研修後ボランティア通訳として、B級合格者はアシスタント・ボランティア通訳
 として(社)日本青少年育成協会に登録できます。
 <出題内容>
  A級 1次試験:各種語彙、英日・日英訳、読解、短文英問英答
     2次試験:英語のスピーチ部分の通訳筆記試験・要約試験、対談逐次通訳の筆記試験
  B級 1次試験のみ 筆記試験とヒアリング試験
 日本通訳協会のURL http://www.jipta.net/html/about.htm

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク