通訳案内業になるためのプロセス

 通訳案内業になるための一般的な道は、やはり大学や短大の外国語学科などに進学することです。
そこで専門的な学習を通して語学力などを養います。しかし大学や短大などでは知識的な学習に
重点がおかれ、実用さに欠けるところがあるので、さらに、外国語会話や通訳のコースがある専門
学校で実践的な学習を積むのもいいと思われます。
 また、通訳案内業は人に自分の言葉でものごとを伝える職業です。外国人の旅行に付き添い、観光
案内はもちろんのこと、移動や持ち物、スケジュール管理にまで仕事がおよびます。よって、語学力
だけでなく、外国人観光客と親しく触れあえるコミュニケーション能力や時間や計画に対する忠実さ、
責任感なども必要です。
 よって、短期留学や普段から色々な人と接してその場に応じた対応ができるような能力、マナー
なども身につけておくことが大切です。
 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク