語学関連の検定試験について

 通訳士になるために直接的には関係ありませんが、それに向けての勉強や目安になる各種の語学関係の
検定が多くあります。
 これらは通訳士の資格試験の勉強に訳立つばかりでなく、今の自分の能力を判断したり、資格試験の
レベルの目安にもなります。
 また、文部科学省認定のものも多く、語学留学や専門学校で一部免除や特例制度の適用など有益に
なることも多くあります。
 語学関連の検定試験として代表的なものは、
 実用英語技能検定、実用フランス語技能検定試験、ドイツ語技能検定、スペイン語技能検定、
中国語検定、ロシア語能力検定、インドネシア語技能検定試験、ハングル能力検定、実用イタリア語検定試験
の9つがあります。このうち、英語、フランス語、スペイン語は文部科学省認定です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク