フリーで働く

通訳者のそのほとんどが、フリーで働いていると言えます。ここでいうフリーとはどういうことかと
言うと、ある企業に社員として就職するのではなく、自分で仕事を見つけ働くということです。
 つまり、企業が仕事を探してきてくれたり、何かの保障をしてくれるわけでもなく、すべてが自分の
実力なのです。能力が高く、通訳者として信頼を得られれば、仕事も増えるでしょうし、仕事のレベル
事態も高くなるでしょう。そして、収入も高くなるでしょう。
 なぜ、通訳はフリーが多いのでしょうか?実力の世界かつ、自分で仕事を選べるということもありますが、
それは通訳という仕事そのものに理由があるようです。
 通訳という仕事自体、毎日この時間にこれだけの仕事があるとは限らない職業です。国際会議があったり
外国人観光客のツアーがあったり、外国の要人が来日したりと、どれも単発的で予想もつかないこと
ばかりです。
 このようなことから、通訳はフリーにならざるを得ないとも言えます。何より実力の世界ですから、
安定した生活のためには、通訳者としての技能を磨くしかないようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク