少しずつ経験を積む

どんなに勉強して、知識を身につけていたとしても、やはりいきなり国際会議などの大舞台で通訳を
しろと言われたら、かなり厳しいものがあるでしょう。
 通訳という仕事は、やはり経験を積むことが大切であると言えます。慣れてくれば、次の言葉や話しの
流れが読めたり、聞き手にとってもわかりやすい通訳をすることができるでしょう。
 まずは見本市などでの通訳コンパニオンなどをします。そして経験を積みながら勉強も重ね、会議通訳
などの高度な技術が必要な通訳に挑戦していきます。
 現場で実力を発揮することが大切な職業ですから、座学だけではうまくはなりません。色々な種類の
通訳をたくさん経験することが、最終的には専門分野の通訳をする場合でも役に立つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク