通訳の収入

通訳士の多くはエージェンシーなどに登録して、仕事依頼に合わせて仕事をします。そのため、
報酬も日払いなどが多くなります。そして、その金額も難易度によってまちまちです。
 やはり高度な技術、能力が求められる仕事が報酬も高くなっています。警察通訳、法廷通訳、
会議通訳、放送通訳、商談通訳などがその例としてあげられるでしょう。
 逆に、見本市での商品説明等を担当する通訳コンパニオンなどは、低めだと言われています。
通訳コンパニオンはアルバイトでも募集されることがあるので、その点を考えればわかると思います。
 また、会議通訳、通訳コンパニオン等の仕事は、仕事が常にあるわけではなく、不定期でしかも
本当に仕事が立て込む日と、あまりそうでない日があったりします。こういったことから、1年を
通して収入を安定させるのはかなり大変なことと言えます。
 企業の正社員の場合は、他の社員と同じく月給制でその他の保障などもあったりするので、フリーの
人たちよりは安定するでしょう。しかし、社員ですから商談や出張などにより、生活時間の拘束も
かなり受けることになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク