同時通訳

 通訳技術という視点から分類すると、通訳は「同時通訳」と「逐次通訳」に分けられますが、
ここでは、「同時通訳」について説明します。
 同時通訳は話し手が話している最中に通訳を始めます。つまり、話し手が話している言葉が数秒後には
訳されて聞き手の耳に入るわけです。ですから、話し手と通訳者は「同時」に話していることになります。
 話しての話を聞きながら、言葉を訳し、言葉で表現し、また次の話を聞いているわけですから、
ものすごい集中力と通訳者としての技術の高さや力が必要になります。
 ほんのわずかな時間で話し手の意図を理解して的確に表現するというのは今述べたとおりかなり
難しいことですので、知識や技術のほかに経験も必要になるでしょう。
 同時通訳は時間の節約という観点からしてもかない有用なので、長時間にわたる会議やニュースの
中継、生放送でのインタビュー・通訳などで行われています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク