逐次通訳

 通訳技術という視点から分類すると、通訳は「同時通訳」と「逐次通訳」に分けられますが、
ここでは、「逐次通訳」について説明します。
 逐次通訳は話し手が言葉を区切って発言し、通訳士がその区切りごとに通訳します。つまり話し手と
通訳者が交互に発言するわけです。
 記憶力が大切なことはもちろんのこと、同時通訳の数秒後の通訳にたいして少し時間があるため、
話し手が話している最中にメモをとり、それを有効活用することができます。
 また、通訳する時間が少し長いということは、同時通訳に比べより正確に話し手の意図を汲み取り、
的確に通訳することができます。逆にいえば、より完璧な通訳を求められるということでもあります。
 同時通訳に比べ多少の時間があるとは言いましたが、やはり集中力と技能の高さは必須であり、
経験も積む必要があると言えます。
 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク