ヨガポーズ・猫

猫のポーズは、とても応用の利くヨガポーズです。
このポーズから様々なポーズへ連動させることが出来ます。
猫のポーズには、首筋や背中をリラックスさせ、しなやかな筋肉をつくる効果があります。
背骨のゆがみを矯正して、腰痛の緩和にも効果的があります。
背中の筋肉の張りがとれると姿勢がよくなります。
その結果、内臓への負担も軽減されますので、呼吸・自律神経の働きも整えます。
また、ウエスト、下腹のぜい肉をとり、バストアップも期待できます。 
正座からはじめると比較的容易にポーズがとれるのでおススメです。
(息を吸います。)
■「猫のヨガポーズのやり方」
この猫のヨガポーズは、正座からはじめると比較的容易にポーズがとることができます。
①まず、正座から両手を肩幅、両足を腰幅に開き、四つん這いになりましょう。
息を吸いながら行ってください。
②息を吐きながらお腹を下に突き出すようにして腰から胸を反らします。
③お尻を突き上げ、首を反らし、目線は天井へ向けて数秒間その状態をキープします。
④息を吸いながら四つん這いに戻ります。
⑤息を吐きながら背中を丸めます。
⑥頭を両腕の間に入れ、目線は自分のへそを見てください。
その状態を数秒間キープします。。
⑦再び、息を吸いながら四つん這いに戻ります。
⑧正座のままつま先を立てて、両手を伸ばして前に突き出し、胸とももをつけましょう。
⑨息を吸いながらお尻を上げて、上体を下に倒してください。
⑩吐く息にあわせて両腕をさらに前へ滑らせ、背筋を伸ばしてください。
⑪床に胸がつくまようにり徐々に身体を伸ばします。
⑫ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐くましょう。
⑬その呼吸の間に目線は遠くへ向け、背骨をしならせるように意識して、背中・腰を伸ばしてください。
⑭1番気持ちのいいポイントから少しだけ伸ばして、30秒間ほどそのままキープしてください。
⑮呼吸は30秒の間に3、4回ゆっくり行いましょう
⑯息を吸いながら再び四つん這いに戻ります。
■猫のポーズの応用編です。
基本をマスターしてからトライしましょう。
①手の向きを変えてみます。今度は指先を内側、ひざのほうへ向けて1・2のポーズをします。
①正座から四つん這いになり、息を吐きながらおなかを下に突き出すようにして腰から胸を反らします。
②お尻を突き上げ、首を反らし、目線は天井へ向けてその姿勢を数秒間キープします。
③息を吸いながら四つん這いに戻ります。
④息を吐きながら背中を丸めます。
⑤頭を両腕の間に入れ、目線は自分のへそを見るようにします。数秒間その状態をキープします。
⑥息を吸いながら四つん這いに戻ります。
ここまでは基本と同じです。
⑦今度は片足を後ろへ上へ伸ばします。
⑧伸ばす足とは反対側(足が右なら腕は左)の腕を前へ上へ伸ばしましょう。
⑨⑦のポーズから、伸ばす足と同じ側の腕を、前へ上へ伸ばします。
⑦~⑨までを左右同じように行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク