変形コブラのポーズ

「コブラの変形ポーズ」
うつぶせのまま、肩甲骨をキュッと引き寄せるコブラのポーズを寝ヨガ用に変形したものです。
肩甲骨の周りの筋肉を刺激することで、背中のムダ肉取りに大きな効果があります。
背筋だけでなく、腹筋も同時に鍛えられるが特徴です。
一石二鳥のエクササイズです。
コブラの変形ポーズのやり方は、
1、うつぶせの姿勢から、かかとを直角にしてつま先を床におきます。
わき腹のあたりで手のひらを床におき、わきを締めましょう。
このとき、お腹がへこむまで、口から息を吐きましょう。
2、手のひらを床から離して上体を気持ちよいところまでそらします。
次に、わきをキュッと締めて肩甲骨を背骨に引き寄せます
呼吸は、 鼻から吸いながら行います。そのままのポーズで10呼吸行います。
「コブラの変形ポーズ2」
コブラの変形ポーズをマスターしてから、こちらもトライしてみましょう。
1、まず、うつぶせに寝て両足を肩幅と同じくらいまで広げます。
次に、足の甲を床におきます。
両手を腰のあたりで組みます。
このとき、呼吸はお腹がへこむまで、口から息を吐きます
2、鼻から息を吸いながらあごを床につけましょう。
息を吐きながら組んだ手を上に持ち上げます。
無理は禁物です。
心地よいと感じる高さで大丈夫です。
呼吸は吐きながら手を上げきります。
そのまま10呼吸します。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク